読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらんす*にちようざっかblog

美術とフランスにまつわる雑話。でも最近は子育てネタばかり。

ビュフェ美術館へ

久しぶりに私が2連休取れたので、家族で静岡へ。

松濤で見逃したロベール・クートラスを見に、

ベルナール・ビュフェ美術館に行くのが目的です。

巡回展ではないようですが、こちらは規模も大きく

また、ビュフェ作品と同時に見られるというのは、なかなか良かったです。 

 

Robert Coutelas

クートラスは1930年パリ生まれ。

少年期はドイツに住んでいましたが、14歳の時再びフランスへ。

独学で鋳造オブジェを作っていた少年でしたが、クレルモン=フェランの美術学校で

彫刻を学んだ後は石工としてしばらく働きます。やがて絵も描き始め、

一時”現代のユトリロ”という称号も。1985年パリで死去。

→詳細は Robert Coutelas | ロベール・クートラス を参照ください。

 

ビュフェの常設展示では、初めて見る作品もいくつかあって

新鮮な気持ちになりました。

そして資料展示を見ると、あー研究しなくちゃ、という気分になります。

 

展示を見た後は、地下(と思ってたけど1階だった)のビュフェこども美術館へ。

木のボールプールや絵本、ビュフェが描いた作品人物たちの衣装が着られるコーナー、

木でできたいろんな引き出しなど、こどもが楽しめるコーナーです。

ここにカフェが付いていれば、大人はのんびり、子供はきゃっきゃと楽しめるのに〜

と思いつつ、やっぱり館内なので飲食禁止、なのかな?

f:id:yoshimiradikorn:20160320134728j:plain  f:id:yoshimiradikorn:20160320135436j:plain

木でできた木に触ってみたり、ボールプルールに埋まってみたり。

自分の身長よりも大きい絵本があって、かなりご満悦なグレちゃんでした。

 

f:id:yoshimiradikorn:20160320141608j:plain

ミュージアムショップではリサ・ラーソンの絵本を読む。

ちなみにクートラス展のグッズでトートバッグがあって、

ミナペルホネンのだったんだけど、実用を考えてやめちゃいました。。。

色合いはすっごく好きだったし布の柔らかさも好みでしたが。

 

f:id:yoshimiradikorn:20160320142403j:plain

近くの吊り橋を走ってから、再び高速に乗って帰宅。

母の野望=御殿場アウトレットは、雨のため中止しました。しょぼん。