読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらんす*にちようざっかblog

美術とフランスにまつわる雑話。でも最近は子育てネタばかり。

ゴヤとパンダ

雪!!

雪が降ってますよ!!!

でも今日しかもう行ける時間が無いので、寒いけど上野の西洋美術館へゴヤ展を見に行く。


12時に上野で働いているKちゃんと待ち合わせして、韓国料理でランチ。カルビとハラミの焼き肉定食をがっつり頂きました。美味い〜。すっごくヴォリュームがあるのに1,000円。ランチタイムって素晴らしい。これだけたくさん食べられるのに、でもエシレバターは買えない値段なのね。理不尽だわ。


13時にお昼休み終了のKちゃんと別れ、ゴヤを見る。思っていたよりも油の作品がプラドから来ていたので、楽しく見られました。なかなか日本に来てくれるゴヤの油はロココな画風の時期のものに限られがちですが、それでも魔女の飛翔とかすっごく好きな作品も来ていたし、満足の展覧会でした。着衣のマハは40年ぶりの来日だそうですが、40年前はまだ産まれていないので、個人的には2007年のスペインで会って以来の再会。改めて見ると、本当に足が小さい。マドリッドの小粋なお嬢さんです。図録には参考図版として裸のマハも掲載されていました(無駄にトレーシングペーパーが付いていて、裸と着衣の比較が出来る。。。)。

因みにこのゴヤ展は、初めて国が美術品輸送の保険料を払った記念的な展覧会です。輸送費のみならず、展覧会につきもののこの「保険料」。地震の後はよりいっそう海外からの借用が難しくなっている時期にようやくスタートしたこの制度、これからもどんどん活用していい作品をたくさん日本で見られるようになれば嬉しい。ゴヤ展の保険料っていくらくらいだったのかな?1億から2億くらい?


ゴヤの後他の展覧会に行く気も失せる寒さなので、とにかく寒いのであったかいお茶が飲みたい!とアトレで一休みしたらもうまっすぐ帰宅することに。帰りに明日の朝のパンをと思ってアンデルセンに入ったら、上野のパンダが焼きごてされたあんぱんが売っていたのでつい買ってしまった。可愛いよ!!でもうっかりして欠けているお皿に載せて写真を撮ってしまった。