ふらんす*にちようざっかblog

美術とフランスにまつわる雑話。でも最近は子育てネタばかり。

美術

PIXAR展、キセイノセイキ展

平日休みで、もう今日しかない! でも息子の保育園の今日の予定は「手洗い指導」。 うーん、遠いし、息子は置いていこう。。。 というわけで、グレちゃんに内緒で、東京都現代美術館のPIXAR展にやってきました。 朝イチで入ったので待ち時間ゼロ。見終わって…

ビュフェ美術館へ

久しぶりに私が2連休取れたので、家族で静岡へ。 松濤で見逃したロベール・クートラスを見に、 ベルナール・ビュフェ美術館に行くのが目的です。 巡回展ではないようですが、こちらは規模も大きく また、ビュフェ作品と同時に見られるというのは、なかなか良…

庭園美術館

駆け込みで庭園美術館のオットー・クンツリ展へ。 夫が昼だけ仕事だったので、見終わった頃迎えに来てもらうことにして グレちゃんとデートでした。 東京都庭園美術館|オットー・クンツリ展|2015年10月10日(土)-12月27日(日) なんだか大野一雄のような…

ミナカケル展

6月7日(日)、最終日に駆け込みで見てきました、 ミナペルホネンの展覧会「1∞ ミナカケル」。 <a href="http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1465.html" data-mce-href="http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1465.html">ミナ ペルホネン展覧会『ミナカケル』</a>www.spiral.co.jp ブランド20周年の記念だそうですが、まだ20周年だったの!?と思ってしまいました。 ということは、ブラン…

京都 PARASOPHIA

5月3日〜4日の1泊2日、出張にて京都へ行ってきました。 目的は京都初の国際展パラソフィア。 京都市内を幅広く使っての会場構成ということで、2日でも見切れなかったよ。 初日は12時過ぎにホテルについて、お昼をまず食べようと思っていたのだけど 会場が近…

山口晃氏のミニ屏風

横浜のそごう美術館にて山口晃展 〜付り澱エンナーレ老若男女ご覧あれ〜を見に行き、ご本人がいらしている日にお願いし、サインを頂きました ˘⌣˘♡ ミュージアムショップで売っていたミニ屏風が《厩図》と《最後の晩餐》の2種あって、この《最後の晩餐》はそ…

会田誠展@森美

会田さんといえば今や大人気の作家さんですが、でもいざ展覧会をとなると、彼の作品の中でも特にエログロ系な作品は公立館ではまず展示できないだろうから難しいのかな〜と思っていました。そんな中、私立館のトップともいえる森美術館での開催!会場の広さ…

松井冬子展@浜美

かなり早い段階から楽しみにしていた展覧会です。この若さ(まだ30半ば)で公立館で個展なんてすごい。若い分作品点数はそれほどないだろうし、どういう構成なんだろう?とわくわくしながら昨日仕事の前に横浜美術館へ行ってきました。 通常展覧会を観る時っ…

ヴェネツィア展@江戸博

朝から江戸博へヴェネツィア展を見に行く。仕事の絡みで行かなくてはいけなかった展覧会なのだけど、カルパッチョの《二人の貴婦人》が東京会場のみの公開ということもあり、楽しみ。 江戸博のオープンは9:30とやや早いのだけど、バスと電車の乗り継ぎが良か…

神奈川美術館三昧

今日は仕事の用事もあって午後から鎌倉に行くことになっていたので、午前中は平塚市美術館へ。初めて行く。ていうか、30過ぎるまで神奈川県の美術館て、横浜市内にしか行ったことなかった。 東海道線に乗る。かなり長時間乗る。途中寝てしまい、はっと起きた…

横浜トリエンナーレ

仕事で横浜の赤レンガ倉庫へ行く用事があったので、ついでにあと3日で終わる横浜トリエンナーレ(通称 横トリ)を見る。 といっても、横浜美術館まで足を延ばす時間はないので、BankART会場(日本郵船海岸通倉庫会場)を見ただけだけど。というのも、Christi…

岡本太郎《午後の日》フィギュア

夫が仕事先からSMSで何度も「可愛いんだよ〜連れて帰りたいよ〜」と強請っていた岡本太郎の《午後の日》が、結局我が家に来ました。ちょうど玄関の飾りをハロウィン仕様にしたので、その脇に置いてあげることに。 Nonちゃんといい犬の植木鉢といい、一癖以上…

安野光雅の絵本展

現在、横浜市内で安野光雅の展覧会が2つ開催中です。 ひとつは神奈川県立近代文学館の「安野光雅展ーアンデルセンと旅して」、もうひとつはそごう美術館の「安野光雅の絵本展」。県立文学館での展覧会は文学との関わりに注目した点が面白く、そごう美術館の…

名和晃平 - Synthesis 展、フレデリック・バック展、フレンチ・ウィンドウ展

8月26日に、夫と現代美術ツアーに行ってきました。目的地は東京都現代美術館(MOT)と森美術館(MAM)。 午前中に家を出た時は暑いくらいの日差しで「うわー日焼け止め忘れた〜」って思ってたのに、清澄白河に着いたら ものすごい土砂降り。 晴雨兼用の日傘…

集まれ!おもしろどうぶつ展

今週は連休を貰っていたので、遠いけど頑張るか。。。と、横須賀美術館へ行く決心をする。2時間かけて、生まれて始めての三浦半島上陸です。京急の馬掘海岸駅を降りると、ものすごい潮の香り。海だ。。。馬堀海岸駅からバスに乗って(7分くらい?)、最寄り…

Transformation展

休日出勤の代わりに急遽休みになった8日。ちょうど旦那さんも出張あけでお休みだったので、一緒に東京都現代美術館へ「トランスフォーメーション」展を見に行ってきました。 メインビジュアルがマシュー・バーニーの《クレマスター3:ファイブ・ポインツ・オ…

鴨居玲 終わらない旅

首都圏では15年ぶりとなる鴨居玲の展覧会が、そごう美術館で開催しています。あんまり混んでなかったのですが、コアなファンが多い作家なので、早めに空いているうちに見ておくのがいいと思う。 没後25年 鴨居玲 終わらない旅 2010年7月17日(土)〜8月31日…

ユビュ、ユトリロ、サスナル

ロンドンに留学していた大学時代の同級生Dと久々の再会。パリに遊びに来てくれた時にあって以来だから5〜6年ぶり!でも全然変わってなかった。学部のときの話とか、お互いの留学の話、そして今お互いにやっている仕事の話など話は尽きない。 待ち合わせは汐…

ルーシー・リー展

国立新美術館で開催のルーシー・リー展(Lucie Rie A Retrospective 2010年4月28日〜6月21日)内覧会に行ってきました。普段は内覧会に行くとしても絵画系ばかりなので、陶芸系のは実は初めて。同じ美術なのに、見た事ない人がいっぱいでした。やっぱり微妙…

マネと印象派

今日は東京駅近美術館2件を回る。まずは三菱一号館美術館の「マネとモダンパリ」展。そのあとブリヂストン美術館の「印象派はお好きですか?」展。結果から言うと、ブリ美の圧倒的な底力を感じました。 さてマネ。日本でこれだけ一挙にマネの作品が見られる…

天明屋尚展

長らくお世話になっている髪切り屋さんのKさん&Nちゃんと、午後の飯田橋へ。目的地は、ナカメから市ヶ谷へとメインギャラリーを移したミヅマアートギャラリーにて開催中の、天明屋尚展「風流(ふりゅう)」。 神々しいこのお名前は、本名らしい。素敵。詳細…

ヴァンクリーフ&アーペル展

北海道から幼馴染Sちゃんが来ていたので、一緒に森アーツセンターギャラリーへ「Van Cleef & Arpels : the Spirit of Beauty」展へ行きました。入った瞬間に、お金のかかった展示什器に圧倒。。。宝石もすごいけど、造作が。相当力を入れた展覧会であること…

速水御舟展

仕事の用事で恵比寿に行く。その後、入館制限までまだ30分あったので、新生・山種美術館へ御舟展を見に行くことに。 速水御舟は《炎舞》(1925年)と、あと猫とウサギがいる屏風とか、未完の婦人群像があるとか、その程度しか知らなかった作家なのだけど、新…

河口龍夫展

今日は旦那さまと2人でアートの日、ということで竹橋へ河口龍夫展を見に行きました。面白かったです。鉛や鉄といった無骨な金属と、蜜蝋で固められた向日葵や蓮などのかつて生命だったものとの融合、そこに光や闇といった要素が加わり彼の芸術を形成していま…

夏から秋にかけての展覧会備忘録

展覧会については、ゾーヴァの可愛さについてしか書いてなかったですね。 結構前に見た展覧会も多いので、備忘録的な感想を少しずつ。 8月 「美をめぐる100年のドラマ フランス絵画の19世紀」展 @横浜美術館(2009年6月12日〜8月31日) よくここまで集めた…

Sowaの版画が来ました☆

ミヒャエル・ゾーヴァ展で可愛さに我慢しきれず買ってしまった版画が届きました〜。『クマの名前は日曜日』という絵本の挿絵の一枚です。 クマの名前は日曜日作者: アクセルハッケ,ミヒャエルゾーヴァ,Axel Hacke,Michael Sowa,丘沢静也出版社/メーカー: 岩…

Linda Nochlin講演会

自分は行けないのですが、22日(木)に、美術史におけるフェミニズム研究で有名な、リンダ・ノックリンの講演会が、京都工芸繊維大学で開催されます。 演題:ルイーズ・ブルジョワ Old Age style : Late Louise Bourgeois」 演者:リンダ・ノックリン(ニュ…

ミヒャエル・ゾーヴァ展

今日から横浜のそごう美術館でミヒャエル・ゾーヴァ展が始まりました(今月27日まで)。銀座松屋でやった時に行けなかったので、ほんとに嬉しい〜vvvジュネ監督作《アメリ》で、少女時代にアメリの空想の友達だったワニや、ベッドルームの犬などが一番知…

ルーヴル美術館展

仕事がお休みだったので、最終日のルーヴル美術館展@国立西洋美術館 を見に行ってきました。最終日の混雑を覚悟していったのですが、予想を上回る混雑。2時間待ちでした。プラカードの「120分待ち」に偽りなしで、逆にその読みの正確さにびっくりでした。「…

ロートレック展

東京では、六本木のサントリーミュージアムで2008年1月26日〜3月9日まで行われていたこの展覧会「ロートレック展 パリ、美しき時代に生きて Toulouse-Lautrec et la vie parisienne」。終了の数日前に見に行ったらカタログが売り切れ!「明日の夕方に再入荷…

Space for your future展

ここ最近行く機会の多くなった(=面白そうだと思う企画展が増えた)東京都現代美術館に、Space for your future アートとデザインの遺伝子を組み替える展(今月20日まで)を見に行ってきました。美手帳で特集されるなど評判の高さは前から聞いていたものの…

和モード 日本の女性、華やぎの装い展

ミッドタウン内サントリー美術館で14日まで開催の和モード 日本の女性、華やぎの装い展に会社帰りに行く。年末にお客さんから頂いたチケットだったんだけど、櫛がチケットにあしらわれていて「よくある櫛簪を集めた展覧会なのかなー」と思って行ったら、予想…

六本木クロッシング2007 未来への脈動展

六本木ヒルズ内森美術館で14日まで開催の六本木クロッシング2007 未来への脈動展に行ってきました。てっきり若手作家の展覧会だと思い込んでいたんだけど違って、昔からいる作家の中でも四谷シモンはちょっと異質でした。 この六本木クロッシングは、森美が2…

ムンク展

上野の国立西洋美術館で開催中のムンク展に行って来ました。あームンク良かった。ノルウェー語なんてできないよ〜と思って卒論でムンクを選ばなかったのが悔やまれるほど、やはりムンクをちゃんと見直したいなと思わせる展覧会でした。東京会場は1月6日まで…

The Jewels of TIFFANY 1837-2007展

東京都庭園美術館で2007年10月6日〜12月16日まで開催していた世界を魅了したティファニー The Jewels of TIFFANY 1837-2007展に行った備忘録。この展覧会はティファニーがやっている世界巡回展で、日本では東京のみということもあってか、9万人強の入館者数…

フィラデルフィア美術館展

12/24に終了したフィラデルフィア美術館展に行ってきました。前から気になっていたんだけど、なかなかチケットが手に入らなかった&行く時間がなかったことにより、結局こんなぎりぎりに。。。でも最終日前日にして30分待ちというのは、わりと空いてるほうだ…

北欧モダン デザイン&クラフト展

出張に出た時に宇都宮会場でも見ているんだけど、改めて第4会場*1のオペラシティへ北欧モダン デザイン&クラフト展訪問。ここ最近オペラシティでやる展示は靴を脱いでみるものが多かったんだけど、今回は無いですね。一応タイツに穴があいてないか確かめて…

鳥獣戯画がやってきた!展

はいはい、この秋最も楽しみにしていた展覧会のひとつ、鳥獣戯画がやってきた!国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌展を見てきました。あー楽しかった。癒されました。 世間的には連休なのに出勤しなくちゃいけなくて、だったらついでにサントリー美に行くぞ!と…

ヴェネツィア絵画のきらめき展

一ヶ月も前の展覧会の話ですが、せっかく「日本におけるイタリア年」なのでメモを残します。 ヴェネツィア絵画のきらめき 栄光のルネサンスから華麗なる18世紀へ展は2007年9月2日〜10月25日までの会期で、渋谷のBunkamuraにて開催されました。あたしが行った…

ベルト・モリゾ展

新宿の損保ジャパン東郷聖児美術館で開催中の、ベルト・モリゾ展に行ってきました。土曜日なのでまぁまぁ混んでる。しかしオルセー展でマネの描いた《菫の花束をつけたベルト・モリゾ》が日本に来たので(しかもポスターになって)、てっきりこのモリゾ展は…

展覧会のショウ・アップについて〜新美「Skin + Bones」vs森美「Coats!」〜

全然更新してない『にちようざっか』です、ごめんなさい。お仕事してると展覧会になかなか頻繁に行けなくなって嫌ですね。美術館の夜間開館は、週2日以上にするべきだと思う、その分午後から開館でもいいから。特に都心の美術館は是非そうして欲しい。あとも…

展覧会いろいろ

しばらく日記を書いていない間に行った展覧会の小さな覚書。○o ペルジーノ展@損保ジャパン東郷青児美術館→詳細 滅多に見られないペルジーノの板絵がまとめて見られる!という嬉しい企画の割にはお客さんの入りが少なかったような…もったいない。ウフィッツ…

ボーシャン&モーゼス展

先月末の話ですが、軽井沢に一泊旅行(お目当てはアウトレット)に行ったので、メルシャン軽井沢美術館にて、「生きる喜び 素朴絵画の世界 アンドレ・ボーシャンとグランマ・モーゼス」展を見学。モーゼス作品は損ジャ東郷青児美術館に行くと必ず見ていたし…

ヘンリー・ダーガー展

先週の話ですが、久々に原美術館に行ってヘンリーダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園を見てきました。アウトサイダーアートには明るくないので全くチェックしていなかった展覧会でしたが、品川散歩のコースに組み込まれていたので見学。楽しかったです…

マリア・カラス展

っていうよりもスワロフスキー展でした。13日までマリア・カラス 舞台を飾ったジュエル展 ―女神が愛したスワロフスキー―を、日本橋三越へ見に行きます。伝説のオペラ歌手マリア・カラスが舞台で身に着けていたスワロフスキージュエリーを展示する今回の展覧…

藤森建築と路上観察展

朝から森美の笑い展①(日本美術が笑う)と②(笑い展)に行く。二度目だが、展示替えをしているので楽しめる。川鍋暁斎の放屁合戦はやっぱりばかばかしくて面白い。 森美の次に向かったのはオペラシティ。赤瀬原平の「ニラハウス」の話から、そういえばオペラ…

イタリア版画展

5月6日まで上野の国立西洋美術館で開催中の、イタリア・ルネッサンスの版画展を見る。チューリッヒ工科大学のコレクションを中心に、自館所蔵品も参照作品として提示しながら丁寧に見せる渋い企画。GWの上野という混雑甚だしい中において、奇跡的にゆっくり…

星の王子さま展

松屋(銀座店)で開催中の、サン=テグジュペリの星の王子さま展に行ってきました。この間のリサガス展もだったけど、やっぱり混みすぎ…。とはいえ王子さまは絵本ではなく字本なので、リサガスほど子どもの数が多くなくて良かった。 今回の展覧会の見所は、…

志野と織部展

2007年2月20日から本日4月22日まで出光美術館で開催している志野と織部 風流なるうつわ展に行ってきました。国宝の志野茶碗・銘「卯花墻」が出品されていると聞いたので、頂いたチケットを持って出光へ。志野焼きとか織部焼きと一般に言われていますが、これ…

北斎の龍虎図

すみません、すっごい前の展覧会記録です。原宿のラフォーレ裏という好立地条件にもかかわらずいつも人のいない太田記念美術館で、ギメ東洋美術館所蔵・浮世絵名品展が開催されていたので、会期*1終了間際の土曜日に行って来ました。通常靴を脱いで上がる美…