ふらんす*にちようざっかblog

美術とフランスにまつわる雑話。でも最近は子育てネタばかり。

映画

怪獣が怖くなくなりました

グレちゃんが0歳の頃から我が家にあった 『かいじゅうたちのいるところ』のかいじゅうぬいぐるみ。 ずっと怖くて触れなかった(近づけると「あっち行って!」と拒絶)けど このノエルあたりから克服したらしく、今ではすっかり仲良し。 最近のおでかけのお供…

La Pianiste

ピアニスト [DVD]出版社/メーカー: アミューズ・ビデオ発売日: 2002/10/11メディア: DVD クリック: 63回この商品を含むブログ (46件) を見る 題名 《ピアニスト》(原題 La Pianiste) 監督 ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke) 主演 イザベル・ユペール(…

ムカデ人間

原題:The Human Centipede (First Sequence) 邦題:ムカデ人間 監督:Tom SIX トム・シックス 2009年、オランダ=イギリス、90分 指導教授をお祝いする会が最近あって、その繋がりで久々に大学院の友達に会うことに。3次会の席で「ムカデ人間見に行きたーい…

メゾン・ド・ヒミコ

タイトル:メゾン・ド・ヒミコ 監督:犬童一心 脚本:渡辺あや 音楽:細野晴臣 2005年、日本、131分 執筆の頭休めに、先日テレビでやっていたのを録画しておいたこの映画を見ることに。予告を見て気になっていたんだけど、当時留学してて公開時は日本にいな…

マルタのやさしい刺繍

《マルタのやさしい刺繍》 原題:Die Herbstzeitlosen 監督:ベティナ・オルベリ スイス、2006年、89分 ☆☆☆ BSでやっていたのを録画してて、久しぶりにこういう映画を見ました。最近夫に合わせて車がボカーン!みたいなのばっかりだったから、ミニシアター系…

Gainsbourg - (vie héroïque)

podcastにFrance Bleuの「On repeint la musique」他を登録して、お勉強がてら(音楽の合間に)聞いているんだけど、今朝出勤中に聞いた回で、ゲンズブールの映画が封切られたことを知る。 ドキュメンタリーじゃなくて、役者を使っての映画作品ということで…

パリ・オペラ座のすべて

現在Bunkamura le cinema にて上映中の《パリ・オペラ座のすべて(原題:La Danse Le Ballet de l'Opera de Paris》を、ようやく見てきました。なかなか機会がなかったんだけど、ちょうど直帰していい日にサービスデーが重なり「今だ!」ということで。 《パ…

Paris je t'aime

別のとこでも紹介した作品なのですが、フランス関連なので、この「ふらんす*にちようざっか」でもご紹介します。ほんとに久々に見て良かった映画! Paris, je t'aime 邦題≪パリ、ジュテーム≫ 制作 クローディー・オサール&エマニュエル・ベンビイ Claudie Os…

DV

《DV ドメスティック・バイオレンス》 監督:中原俊 日本、2004年、85分 ☆☆☆☆☆ 以前一時帰国した時に映画館の予告上映で見て以来見たいなと思っていた作品なのだけど、公開がフランス帰国後だったので見られなかった作品。父親がレンタル屋に行くと言うので…

変態村

CALVAIRE 邦題《変態村》 監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ Fabrice du Welz フランス・ベルギー・リュクセンブルグ、2004年、94分 ☆☆ 邦題、絶対失敗!!こんなタイトルじゃ集客激減だよー。しかも、逆に《変態村》という邦題に惹かれてくるような人を満足…

映画を見たい

3月は邦画を中心に更新したので、そのせいか俳優名の検索でいらっしゃる方が多かったようです。俳優について書いているわけではないので、ご希望に添えなかった方々には申し訳なく。映画を見るかどうか決める指標は、まず監督。これが一番大事です。次が出演…

ワンダフルライフ

《ワンダフルライフ》 英題 after life 監督:是枝裕和 日本、1998年、108分 ☆☆☆ 死んだ人に、一つだけ、生きていた間に最も楽しかったことを選んでもらって、それをフィルムに撮影し、その思い出だけを胸に天国へ行ってもらう…そんな地上と天国の境目にある…

誰も知らない

《誰も知らない》 監督:是枝裕和 日本、2003年、141分 ☆☆☆ 暴力的な表現は一切無いし、映像は温かく親のような眼差しに満ちているのだけど、それでも鑑賞後に切なさや遣る瀬無さが残って仕方が無い作品。といっても、作品に対する遣る瀬無さではなくて、こ…

海を飛ぶ夢

Mar adentro 邦題《海を飛ぶ夢》 監督:アレハンドロ・アメナーバル Alejandro Amenabar スペイン、2003年、125分 ☆☆☆ 若い頃の海での事故により頭以外を動かせなくなってしまったラモンの、尊厳死を巡る争いと愛情の話。空想力だけが楽しみのラモンを手伝う…

ディスタンス

《DISTANCE》 監督:是枝裕和 日本、2001年、152分 ☆☆☆ 常に“何かと対峙する個人”というものを描く是枝監督作品の中でも、ドキュメンタリー性が強く、鑑賞後感の余韻や役者の緊張した息遣いなどが生々しい作品。それだけに一度見たらなかなか忘れられないも…

フリークスも人間も

IIPO УPOДOB И ЛЮДEЙ 邦題《フリークスも人間も》 監督:アレクセイ・バラバノフ Aleksei Balabanov ロシア、1998年、93分 ☆ 久々にロシア映画を観たんですが、うーん、レイトショウ!って感じ。舞台は映画が発明された頃・19世紀末のロシア。エロティック写…

やさしい嘘

Depuis qu'Otar est parti... 邦題《やさしい嘘》 監督:ジュリー・ベルトゥチェリ Julie Bertucelli フランス・ベルギー、2002年、102分 ☆☆☆☆ 旧ソ連の国グルジアで、フランスにいる息子からの電話と手紙を楽しみに待つ母エカ、エカの娘マリーナ、そして更…

アカルイミライ

《アカルイミライ》 英題 Bright Futur 仏題 JELLYFISH 監督:黒沢清 日本、2003年、92分 ☆☆☆ この監督の作品、何か見たことがあったかなぁと思うくらい、名前は知っていても別に「黒沢清だから見に行こう」と思ったことがありませんでした。鑑賞前にフィル…

スチームボーイ

《スチームボーイ》 監督:大友克洋 日本、2003年、126分 ☆☆ こちらのアニメも日本とあまりタイムラグ無しにフランスでも公開。日本のアニメに寄せるフランスの期待の大きさが伺える現象です。 19世紀半ばの産業革命(主に蒸気の発明)にかけた冒険&家族愛…

Ghost in the Shell

《Ghost in the Shel》 監督:押井守 日本、1995年、85分 ☆☆ 続編がフランスで公開になり、でも1を見てないしなぁと思っていたら、日本帰国時に衛星放送でやっていたので見てみました。ブレードランナーっぽいのかと思っていましたが、ちょっと違いましたね…

ハウルの動く城

《ハウルの動く城》 監督:宮崎駿 日本、2003年、119分 ☆☆ 宮崎アニメの評を書くの、初めてですね。他のも見てるし好きな作品もあるんだけど、それは追々。 さて、日本とあまりタイムラグ無しにフランスでも公開となったハウル。感想としては「弱い」。物語…

青い車

久々の映画レビューはどれをアップしようかなと思っていたところ、ちょうど去年の今日書いた記事があったのでそれを。続けて日本映画をアップし続けるか、あるいは最近見たものを載せるか。 《青い車》 監督:奥原浩志 日本、2004年、87分 ☆ 《タイムレスメ…

オテサーネク

OTESANEK 邦題《オテサーネク〜妄想の子供〜》 監督:ヤン・シュヴァンクマイエル チェコ、2000年、132分 ☆☆☆☆ 子供が欲しくてたまらない夫婦の妄想が生み出した切り株の赤ん坊オティーク。異常に大食いのオティークは、彼を取り巻く周囲の人間たちを食べて…

悦楽共犯者

Conspirators of Pleasure 邦題《悦楽共犯者》 監督:ヤン・シュヴァンクマイエル チェコ、1996年、87分 ☆☆☆☆ 現実原則から遠く隔たった「快楽原則」によって支配された人々の織り成す奇妙で変てこで、気持ちい〜い世界。 動物の毛と金属(だったかな?)に…

Baboussia

Baboussia 監督:リディヤ・ボブロヴァ Lidia Bobrova ロシア、2003年、97分 ☆☆☆☆ モスクワに近いとある田舎町で娘家族と暮らしていたおばあちゃんが、娘の怪我をきっかけに家を出され、しかし誰も引き取ってくれずに親戚中を盥回しにされてしまうという物語…

不思議惑星キン・ザ・ザ

KuH-gza-gza ! 邦題《不思議惑星キン・ザ・ザ 監督:ゲオルギー・ダネリヤ 旧ソヴィエト、1986年、135分 ☆☆☆ スケールが大きいのか小さいのか分かんない、とっても面白い映画でした。果たしてこれをSFと呼んでいいのか!?とすら思ってしまう変テコリンなSF…

ファザー、サン

Otets i syn 英題Father, Son 監督:アレクサンドル・ソクーロフ Alexandre Sokurov ロシア・ドイツ・オランダ・フランス・イタリア、2003年、84分 ☆☆☆☆ 母息子の次は父息子の関係を描いた作品(あともう一作を現在製作中で、3部作になる予定らしいです)。…

マザー・サン

Mat'i Syn 邦題《マザー・サン》 監督:アレクサンドル・ソクーロフ Alexandre Sokurov ロシア・ドイツ、1997年、73分 ☆☆☆☆ 《マリア》《日陽はしづかに発酵し・・・》《静かなる一頁》《精神(こころ)の声》などなど、ソクーロフ映画はどれも好きです。いずれ。…

ストーカー

STALKER 邦題《ストーカー》 監督:アンドレイ・タルコフスキー Andrei Tarkovski 旧西ドイツ・ロシア、1979年、163分 ☆☆☆☆☆ 旧ソ連のSF作家ストルガツキー兄弟の作品を原作とした、《惑星ソラリス》に続くタルコフスキー2本目のSF映画。でもSFっていうより…

ノスタルジア

NOSTALGHIA 邦題《ノスタルジア》 監督:アンドレイ・タルコフスキー Andrei Tarkovski イタリア・フランス(ソヴィエト)、1983年、130分 ☆☆☆☆☆ タルコフスキー作品では、《ストーカー》と並んで好きな作品です。そして《ストーカー》よりも過激な作品。し…

ストリート・オブ・クロコダイル

Street of Crocodiles 邦題《ストリート・オブ・クロコダイル》 監督:ティモシー&スティーヴン・クエイ Timothy & Stephen QUAY イギリス、1986年、20分 ☆☆☆☆ “木偶人形”という言葉が一番適当ではないかと思せるパペットアニメーション。クエイ兄弟がパペ…

ベンヤメンタ学院

Institute Benjamenta 邦題《ベンヤメンタ学院》 監督:ティモシー&スティーヴン・クエイ&マリー・スティーヴン Timothy & Stephen QUAY & Mary STEPHEN イギリス、1995年、105分 ☆☆ 不可思議で寂れた執事養成学校ベンヤメンタ学院に通うヤコブは、美しく…

シティ・オブ・ゴッド

CIDADE DE DEUS 邦題《シティ・オブ・ゴッド》 監督:フェルナンド・メイレル ブラジル、2002年、135分 ☆☆ リオ・デ・ジャネイロ近郊の街に住むストリートチルドレンの絶望的な生活を描く作品。ドキュメンタリーではないが、それに近い。子供たちの中で力を…

ZOO

ZOO (A Zed and Two Noughts) 邦題《ZOO》 監督:ピーター・クリーナウェイ Peter GREENAWAY イギリス、1985年、115分 ☆☆☆☆☆ グリーナウェイ初期の傑作のひとつ。奇異なテーマが、マイケル・ナイマンの音楽と合わさってよりグロテスクな美しさを増して素晴ら…

BLUE

BLUE 監督:デレク・ジャーマン Derek JARMAN イギリス、1993年、75分 ☆☆☆☆☆ デレクはあたしが初めて「監督で観る」ということをした監督です。1994年にエイズで亡くなってしまった彼は、その卓越した色彩感覚と美的感覚で映画を作りつづけた人でした。特にこ…

リトルダンサー

BILLY ELLIOT 邦題《リトルダンサー》 監督:スティーヴン・ダルドリー イギリス、2000年、111分 ☆☆☆☆☆ かなりな評判に押されてロングランだったこの作品ですが、観に行ったのは結構後でした。でも、本当に観て良かった!もっと早く観に行けばよかった!と思…

魚と寝る女

Seom The isle 邦題《魚と寝る女》 監督:KIM Ki-duk キム・キ=ドク 韓国、2000年、90分 ☆☆ 友人宅でDVDで見ました。字幕がついていなかったので時々通訳してもらいながら見たので細かい会話内容などは分かりませんが、そもそも台詞が非常に少ない映画なの…

TUVALU

TUVALU 邦題《ツヴァル》 監督:ファイト・ヘルマー ドイツ、1999年、92分 ☆☆☆☆☆ かなり久々に手放しで喝采!な作品。本当にいい映画でした。とにかく幸せいっぱい。アクションも、微妙な心の機微も、夢のような生活も厳しい現実も、叶わない切なさも、思いが…

ゼンペル短編集

Just Visiting this Planet 邦題《この惑星に立ち寄る》 監督:ペーター・ゼンペル Peter Zenpel ドイツ、1991年、100分 ☆☆☆ 98年に、ドイツ文化会館で見た映画。監督が来日して、トークしながら5日間で4本の映画を2度ずつ(だったかな?)流すという企画でし…

小人の饗宴

Auch Zwerge haben Klein angefangen 邦題《小人の饗宴》 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク ドイツ、1969 / 1972年、96分 ☆☆☆☆☆ 西ドイツ時代の制作。小人を隔離しておく施設で13人の小人が反乱を起こす物語。奇怪に笑う歪んだ顔と笑い声、そしてぐるぐる回る…

神に選ばれし無敵の男

Invincible 邦題《神に選ばれし無敵の男》 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク ドイツ、2001年、128分 ☆ 第二次世界対戦下のドイツを舞台に、ポーランド系ユダヤ人ジーシャと、ベルリンで政治家相手のオカルトショウを経営するハヌセンとの交わりを通じて、徐々…

グッバイ・レーニン!

GOOD BYE LENIN ! 邦題《グッバイ・レーニン!》 監督:ヴォルフガング・ベッカー ドイツ、2002年、118分、☆☆☆☆ 東西ドイツの壁崩壊をテーマに、社会主義者だった母(の心臓病)を巡る息子の奮闘と、(月並みな表現だけど)家族愛。主人公の少年は物凄く頑張…

R.I.P.ジョー・コールマンの肖像

Rest in Pieces, Joe Coleman 邦題《R.I.P. ジョー・コールマンの肖像》 監督:ロバート・エイドリアン・ペヨ オーストリア、1997年、93分 アメリカのコンテンポラリーアーティストであるジョー・コールマンに取材したドキュメンタリー映画。 グリューネヴァ…

死化粧師オロスコ

Orozco El Embalsamador 邦題《死化粧師オロスコ》 監督:釣崎清隆 日本(スペイン語)、1999年、84分 フリーの「死体カメラマン」である釣崎清隆がVTRで制作した映画。完全ドキュメンタリーであるこの映画は、釣崎が1995年に、友人であるコロンビアのタブロ…

エデンへの道

Der Wegnach Eden 邦題《エデンへの道―ある解剖医の一日―》*1 監督:ロバート・エイドリアン・ペヨ ドイツ、1995年、86分 死んだら肉体はどうなるのでしょう。そんなことは、簡単です。腐っていくだけです。平安末期の絵巻物をわざわざ見なくたって、そんな…

キラーコンドーム

KILLER CONDOM 邦題《キラーコンドーム》 監督:Martin Wartz マルティン・ヴァルツ ドイツ、1996年、107分 なぜか皆がドイツ語をしゃべっているN.Y.が舞台。悪者が作った“キラーコンドーム”に、ホモ刑事ルイジ・マカロニが挑む!という阿呆な映画です。こう…

ドイツチェーンソー大量虐殺

** 邦題《ドイツチェーンソー大量虐殺》 監督:クリストフ・シュリンゲンズィーフ ドイツ、1990年、63分 東西ドイツの『壁』崩壊後のドイツ。東から西へと流れる数十万人ものうち約4%が行方不明であるという事実の元、「その4%の人々は国境沿いの食肉工場…

死の王

Der Todes King 邦題《死の王》 監督:ユルグ・ブットゲライト ドイツ、1989年、 80分 この作品は、1週間に1日ずつおきる7つの自殺を描いたものです。かといって別に自殺を奨励するような作品ではないし、逆に自殺を思い止まらせるようなものでもありません。…

ダウンフォール

Der Untergang 邦題《ダウンフォール》 監督:Oliver HIRSCHBIEGEL オリヴァー・ヒルシュビーゲル ドイツ、2003年、150分 原題は落下、転落、崩壊等の意味。日本では2005年夏に公開された筈。 《es》の監督の放つ長編歴史もので、今なおナチスについて強い関…

es

Das Experiment 邦題《es》 監督:Oliver HIRSCHBIEGEL オリヴァー・ヒルシュビーゲル ドイツ、2001年、119分 心理的に怖い映画でした。映像のショッキングさという点は少ないのですが、その舞台設定、感情の絡み合い、鑑賞後に残る感覚が、怖いです。 1971…